忍者ブログ

2017-04-24 16:23

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2013-09-20 11:06

マンガの感想です

そんなわけで最近買ったマンガの感想です。



●花と星 第2巻
鈴菌カリオ作

女子高生同士の恋愛を描いた、いわゆる百合物です。第2巻で完結。
ギャグとシリアスが丁度よい加減で織り交ぜられ、絶妙な仕上がりになっています。

百合物といえど青春的恋愛の王道で実に骨太のストーリーです。
いいなあ。心が爽やかになる作品でした。


●ベルセルク 第37巻
三浦健太郎作。

ただ惰性で買っているようなものですけども。まあ終わり方が気になるので止めようにも止められず。そんなわけです。魔女のシールケは可愛いね。


●極楽長屋
岡田屋鉄蔵作

「ひらひら 国芳一門浮世譚」の作者が、江戸時代のオンボロ長屋に住む人々を描く群像劇。

作者はもともとBL(ボーイズラブ)系の出身だから、ときどきキャラデザがホモっぽくなったりする。しかもホモ同士のエピソードとかあるし。でも芯となるストーリーはホモとまったく関係ありません。
濃密な人情物として楽しめる作品です。

確信した、この作者は男の乳首をとても綺麗に描く。


●女子攻兵 第3巻
松本次郎作

異次元空間で巨大女子高生ロボが戦うマンガ。
第3巻も相変わらずにキチガイっぷり。嫌いじゃないです。


●地獄のアリス 第5巻
松本次郎作

第4巻まではかなりのハイテンション展開だったのに、第5巻では急降下。
絵も荒れているような・・・・。作者に何か起きたのだろうか、すこし心配になる。


●ヴィンランド・サガ 第13巻
幸村誠作

主人公トルフィンが遂に、親しい人が亡くなる悲しみを噛み締め、己が生きる目標をその目に捉える。

このマンガにおける主人公は、人生の節目ごとに目つきが変化します。
子供時代は純真な眼。少年時代はキツい眼。奴隷時代前半は無気力な眼、後半は生命力が蘇った優しい目。そして13巻では力強い眼に変わります。

トルフィンの新しい旅がどうなるのか、続きがとても気になります。

●スティール・ボール・ラン 第10巻
荒木飛呂彦作

荒木飛呂彦作品における魅力のひとつは「落ちがない無駄話シーン」だと思うのだが・・・・。どうでしょうか。ストーリーとまったく関係のないチーズの歌で1ページ半も費やすなんて・・・。でもこの無駄話シーンによってストーリーテンポの緩急が上手く取られているんだよなあ。

タランティーノも無駄話シーンが多いけど、それに似ています。




PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

フリーエリア

最新CM

[02/28 ダテ]
[02/20 H・N]
[02/07 さと~]
[07/10 ダテ]
[07/03 さと~]

最新TB

プロフィール

HN:
nekotv
性別:
男性
趣味:
ひきこもり

バーコード

ブログ内検索