忍者ブログ

2017-04-24 16:20

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011-02-03 16:06

日本代表 アジアカップ 優勝した

サッカー日本代表優勝しました。
本田の言うとおり韓国、オーストラリアという強豪を倒しての優勝だから価値は高い。
しかも若手主体でアウェーの地での開催。

決勝ゴールを決めた李忠成。
あの場面、ドがつくフリーでしたね。あれなら決めて当然と思う方が多いのが残念。
テレビには映っていないんだが、長友からセンタリングが上がる直前、ニアに寄る(長友に近づく動き)と見せかけてファー(逆に長友から遠いゴールポスト側)に向けてゴール前に突進しているんですよ。

オーストラリアDFとしては正面に長友、背面に李がいるわけでどうしてもどちらか一方が視界から外れる。そのため頻繁に首ふりしてチェックしているわけですが、李にああいう動きをされてしまったら瞬間的にマークを振り切られても仕方ない。DFの視線から消える動きをしたのは彼のFWとしての技量が優れていたからこそ。でなければ昨シーズンのJリーグで出場12戦で11ゴールという結果は残せていない。

そして、あのダイレクトでのボレーも良かった。トラップしてたらDFに詰められていただろうし、キーパーにセーブされただろう。オーストラリアのキーパーは非常に安定していたので止めていた可能性は高いな、きっと。
ボレーは意外と難しい。それでも失敗を恐れないで迷わずボレーの決断をした李を称えたい。優れたFWには欠かせない資質だ。

それにしてもあのボレーは美しかった。ハッサン国王杯で見せた西澤のボレーを思い出した。



さて長友。延長後半でのあの体の動きは以上。全員バテバテなのに彼だけは最後まで元気だった。サイボーグか。

MVPは本田でしたね。個人的にはキャプテンの長谷部が影のMVPか。彼無くしては決勝まで進めなかった。チームに団結、敢闘精神を浸透させたのは彼の功績だ。それに試合終盤での敵陣深くまで長駆切り込むドリブル。何度か見せてくれたが、敵DFのギャップをつくるのに非常に有効だった。

今後の課題としてはセンターバックの育成だろう。中沢、トゥーリオのような強くて高いDFがいないと世界では戦えないのだ。

PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

フリーエリア

最新CM

[02/28 ダテ]
[02/20 H・N]
[02/07 さと~]
[07/10 ダテ]
[07/03 さと~]

最新TB

プロフィール

HN:
nekotv
性別:
男性
趣味:
ひきこもり

バーコード

ブログ内検索