忍者ブログ

2017-04-27 14:09

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2010-04-28 00:56

あの九龍城だ

しばらく更新するネタがないので、今日は自分の宝物でもさらしてみようと思った。

九龍城マニアの自分としてはこれは一生物の宝物だ。

「大図解九龍城」

SBSC0580.jpg

香港に居た人もそうでない人も一回くらいは耳にしたことはあるだろう、「九龍城」
詳しいことはwikiに任せるとして・・・
http://ja.wikipedia.org/wiki/九龍城砦

この本はとってもエキサイティングなのだ。見てくれ、これを…!!
まさに大図解!!


SBSC0582.jpg
九龍城が

SBSC0581.jpg
超高精細な!

SBSC0583.jpg
断面図にッ!!

きちんと実測されたデータをもとに図にしてあるのだ。
すごくないか!?

自分が香港にいたころ、親からは「危ないので絶対近寄るな」と言われていた九龍城。
だがこの本をみると、「喫茶店」「幼稚園」「学校」「パン屋」「餃子工場」「教会」「歯医者」等々…。この城砦には明らかに人々の生活があり平穏な暮らしが営まれていたことがわかる。

実測班が、廃墟となった九龍城に捨てられていた汚れたネガフィルムを持ち帰りプリントしたところ、そこには子供の誕生パーティーが写っていた。

ローソクがささったケーキ。誕生会に呼んだ友達と一緒にそのケーキをほおばる子供。その親。


わずか40pにも満たない書物だが、読者側にさまざまな想像をさせてくれるこの本は本当にすばらしいと思う。
PR

この記事にコメントする

Name
Title
Mail
URL
Comment
Pass
Pictgram
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

2010-04-28 08:05

なつかしっ

懐かしいなあ。
15年も住んでいたのに、入口付近しか行った事ないわあ。
確かに親に絶対近寄るなと言われていたもんね。

でも、中は普通の街だったんだあ。
九龍城もすごいけど、この本はもっと凄い!

2010-04-28 14:34

無題

す、すごい。
これ欲しい。

2010-04-28 23:28

すごいだろう

>さとうさん
入り口付近にいったことあるだけでもうらやましい。

この本を読むまでは普通の町だなんて知らなかったですよ。
今は普通の公園になっているそうです。

我々はその時代に香港にいただけでも貴重な体験をしたのかもしれないね。
あの時代は香港がもっとも混沌と活気にあふれていた時だったのかもしれない。

>Gさん
すごいだろ!!


あ、この本はもう絶版になってますよ。
ウチにきたら見れます。

2010-04-29 06:57

無題

私も読んでみたいので、京都に来る事があったら持って来て下さい(^人^)

2010-04-29 23:11

無題

>さとうさん
了解です。
持参しましょうッ!!
この本の素晴らしさにどうか触れていただきたい・・・!!

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

カレンダー

03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

リンク

フリーエリア

最新CM

[02/28 ダテ]
[02/20 H・N]
[02/07 さと~]
[07/10 ダテ]
[07/03 さと~]

最新TB

プロフィール

HN:
nekotv
性別:
男性
趣味:
ひきこもり

バーコード

ブログ内検索